仮性包茎の治療

MENU

仮性包茎の治療・手術・広東包茎、真性包茎とは

仮性包茎治療について
仮性包茎になると包皮がめくりずらくなるため、排尿や性行為の妨げとなり、尿路感染症などのリスクが高くなります。これを解消するために、包茎手術がなされます。

 

 

子供の場合は全身麻酔下で手術されますが、大人の場合は、局所麻酔で日帰り手術となります。

 

 

包茎手術の方法は、包茎の状態によって異なります。

 

仮性包茎だと、メスを使わずに糸を使った、包皮がむけるように癖付けするための手術もあります。
真性包茎・カントン包茎の方には切る手術です。この場合は環状切除が一般的です。手術痕が残らないように切開方法を工夫した手術もあります。

 

 

仮性包茎手術は痛いというイメージが多いですが、最近は無痛治療を心がけている病院も増えてきています。

 

包茎手術を受ける場合、症例数が多いことや、相談にきちんとのってくれること、また専門で包茎手術をしていることを基準として、病院を選ぶようにしましょう。

 

包茎手術について

包茎手術とは、包茎を改善する手術です。日本人男性の半分以上は仮性包茎といわれ、手術の対象をまぬがれることが多いです。

 

包皮輪が狭くないのなら、普段きれいに洗って垢を落としていればまず心配はありません。
しかし、真性包茎や嵌頓包茎の場合は手術する必要があります。

 

 

包茎手術はクリニックによって費用も様々なようです。包茎手術をする場合、まずは親身に相談にのってくれる医者を見つけることです。包茎は、男性にとっては一生の問題とも言えます。

 

手術を受けるとしても、十分な説明を受けてからにしましょう。

 

 

包茎手術で、不当に高額な手術に関しては、消費生活センターに相談するか、弁護士協会にご相談下さい。

 

 

仮性包茎について

包茎とは、陰茎の先端の部分である亀頭が包皮におおわれている状態のことをいいます。赤ちゃんはみな包茎です。陰茎は体の成長とともに包皮が後退し、亀頭が自然に露出するようになりますが、大人になっても皮がむけない場合を包茎と呼びます。

 

 

包茎で悩む男性は結構いるようです。包茎についての知識がないがゆえに、悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。

 

 

包茎については、専門家のアドバイスを受けるのが一番です。といってもペニスの問題はかなりデリケート。人に聞くのがはずかしい方もいるでしょう。こういう方のために、24時間フリーダイヤルで相談を受け付けているクリニックもあります。また無料カウンセリングを実施しているところもあるので、包茎についての悩みがある方は、一度足を運んでみてはいかがですか

 

 

 

包茎とは?

包茎は男性にとっては悩みの種です。

 

 

包茎とは小児ではあたりまえですが、カラダが成長しても、亀頭が包皮におおわれたままで、露出できない場合を包茎と言います。皮かぶりともいいます。高校生ぐらいまでに包皮がむければ問題ありません。

 

 

包茎は自覚症状が特にありません。しかし、包茎では亀頭部が不潔になったり、包皮内に恥垢がたまりやすくなります。そうなると炎症を起こすこともあります。ごくまれに、腎臓まで炎症を起こすことがあります。

 

 

包茎といっても、ふだんは包皮におおわれていても、包皮を反転することができるのなら何ら問題はないのです。むしろ、ペニスを清潔に保つことができるかどうかが重要と言えます。

 

 

包茎には真性包茎と仮性包茎があり、真性包茎の場合は手術が必要です。

 

 

真性包茎とは?

真性包茎とは、自分で亀頭部を露出できない状態のことをいいます。無理に亀頭を露出させようとすると、痛みを感じたり、出血することもあります。包皮と亀頭の癒着や包皮の出口が狭いなどが真性包茎の原因です。

 

 

真性包茎の場合、恥垢がたまりやすく、不潔になりやすいです。不潔なままにしておくと、亀頭包皮炎をはじめとする感染症などが起こりやすくなります。射精をしても包皮が邪魔をして精子が出て行かないために、男性不妊となることもあります。また、不衛生な状態では、性行為の相手の不妊症の原因や、子宮の病気の誘因になるとも言われています。

 

 

真性包茎は、基本的には手術適応となります。

 

真性包茎とは、平常時・勃起時にかかわらず、亀頭部が皮をかぶったままの状態のことをいいます。真性包茎だと自分の手でも剥くことはできません。真性包茎の原因としては、包皮の開口部が小さいことと、包皮と亀頭の一部が癒着していることがあげられます。

 

 

真性包茎の場合、亀頭部が不潔になりやすいので、亀頭包皮炎、男性不妊といったものの誘因となることもあります。

 

 

真性包茎の場合、手術適応となることが普通です。しかし、手術による包皮の切除を伴わない治療や矯正によって、真性包茎を治すことが可能であるとも言われています。例えば、自分で矯正可能な器具である「包茎グッズ」と呼ばれるものがあり、ネットで入手可能となっています。

 

 

カントン包茎とは?

カントン包茎(嵌頓包茎)とは、亀頭が狭い包皮輪のため外側にはまり込んで元に戻らなくなった状態をいいます。

 

 

カントン包茎が起こると、強い痛みがあり、包皮ではまり込んでいるために血行が悪くなり、水ぶくれのように腫れ上がり、ひどいときには卵大とかソフトボール大にもなってしまいます。

 

 

痛みのあまり病院にかけこむケースが普通ですが、人によっては放置する場合もあるようで、手遅れになると血行不全で包皮の一部が壊死することもあります。

 

 

カントン包茎は、幼児から小中学生でなりやすく、成人ではめったにみられません。

 

 

カントン包茎になった場合、自分で包皮を元に戻すことはほとんど不可能で、医師による緊急整復処置が必要です。

 

又、

 

カントン(嵌頓)包茎とは――真性包茎や包皮口がかなり狭い場合、包皮を無理に反転させると、陰茎は亀頭の根元の溝のところで締め付けられてしまいます。このような場合は、亀頭部がすぐに浮腫をきたし、腫れ上がってしまい、反転した包皮を元に戻すことができなくなります。この場合強い痛みが発生します。こういう状態を「カントン包茎」といいます。

 

 

カントン包茎では、圧力で陰茎への血流が妨げられるので、包皮を戻さないと陰茎組織が壊死するおそれがあります。環状切開あるいは包皮に切り込みを入れて、締めつけを緩和します。

 

 

カントン包茎は、まれに診察などで、包皮をめくったあと元に戻すのを忘れた場合に起こることもあるそうです。

 

 

カントン包茎になりやすい年齢層は、幼児から小中学生で、成人ではめったにみられません。